ご利用の流れ

入国前の流れ

  1. スタート

    1. ご相談・お申し込み

      当組合にお問い合せいただいた後、希望される技能実習生の出身国、職種、受入れ人数、雇用条件等をヒアリングさせていただきます。受入れご決定後、お申し込み時に当組合へのご加入をいただきます。

  2. 6ヶ月前

    1. 技能実習生の選抜

      現地送出し機関にて、技能実習生候補者の中から、書類選考・学科試験・実技試験・適性検査、現地での面接(SKYPEによる遠隔面接も対応が可能です)を行い、技能実習生を選抜します。募集依頼の3倍以上の候補者の中から合格者を決定いただきますので安心です。

    2. 合格者の家庭訪問

      ご希望の場合、合格者のご家族宅を訪問することができます。家族からの理解と支援を得ることも大切です。

  3. 5ヶ月前

    1. 入国前研修

      母国送出し機関にて3ヶ月以上(160時間以上)、日本語の学習を中心に日本文化、習慣、礼儀など、日本で生活する上で必要とされる基礎知識について学びます。入国までの数ヶ月の間、月報などで研修の進捗を確認することができます。

  4. 4ヶ月前

    1. 査証(ビザ)取得

      交付された在留資格認定証明書を送出し機関に送付し、日本領事館へ査証(ビザ)の申請を行い、査証の交付を受けた後、技能実習生は出国手続きを行います。

  5. 2週間前

    1. 入国申請書類の準備・申請

      当組合にお問い合せいただいた後、希望される技能実習生の出身国、職種、受入れ人数、雇用条件等をヒアリングさせていただきます。受入れご決定後、お申し込み時に当組合へのご加入をいただきます。

入国後の流れ

  1. 入国

    1. 技能実習生の入国

      技能実習生が入国します。空港まで当組合職員が同行し、技能実習生を出迎え、その後、集合講習先へと移動します。入国1年目の技能実習生は、技能実習1号ロの資格で国内に滞在します。

  2. 1ヶ月目

    1. 集合講習

      入国後は受入れ企業様へ配属される前に、約1ヶ月間(176時間以上)の集合講習を行います。入国管理局の指導のもと、カリキュラムや時間が決められており、講習の内容は日本語教師による日本語教育、地元の警察署、消防署による安全指導、労働関係法令、掃除の仕方やゴミの分別方法などです。

受入れ後の流れ

  1. 2ヶ月目~

    1. 受入れ企業での実習開始

      技能実習生が受入れ事業所に配属後、雇用契約が発効し、技能実習が開始されます。

  2. 毎月

    1. 研修指導員訪問カウンセリング

      配属期間中当組合より研修指導員が訪問し、カウンセリングを行い、心のケアをするとともに、トラブルを未然に防ぎます。また事業所様からのお電話によるご相談は常時受け付けております。

  3. 9ヶ月目

    1. 技能検定等受検

      3年間の技能実習を行うためには、技能検定基礎2級等に合格することが必要です。この検定等に合格すると、技能実習2号ロの在留資格に移行することができます。技能実習期間が1年間のみの場合、帰国の準備を指導します。

  4. 10ヶ月目

    1. 在留資格変更・在留期間更新

      技能検定の結果を元に、入国管理局から在留資格の変更・在留期間更新の許可が下ります。入国後2年目と3年目の間、技能実習生は技能実習2号ロの資格で国内に滞在します。

  5. 不定期

    1. 在留資格変更・在留期間更新

      受入れ事業所で適正な実習が行われていることを確認するため、JITCO(国際研修協力機構)の巡回指導訪問が行われることがあります。

  6. 22ヶ月目

    1. 在留期間更新

      技能実習2年目から3年目にかけての在留期間の更新を行います。

  7. 36ヶ月目

    1. 帰国

      3年間の技能実習が終了すると、技能実習生は帰国します。空港では当組合職員が見送ります。